FC2ブログ
ついったーとやらをつけてみました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--
 心に穴が開いた。典型的な横穴式住居さ。
「エグゾスカル零」の最終巻を読了してしまったんだ。
また、「寄生獣」も読み終えた。何故かアニメ版「銀河鉄道の夜」を見てしまった。
その上、ジブリ祭りの「風立ちぬ」は見逃したときた!
穴だらけだ。もはや僕はトムとジェリーのチーズみたく、軽量化を施したミニ四駆さながら。
今まさに虚無と言う名のジャパンカップ・ジュニアサーキットを駆け巡っている。早々にコースアウトしなければ。

嗚呼、4月から連載される山口先生の新作が待ち遠しい・・・でち!

でち!!!
スポンサーサイト
2015/03/03(火) 15:17
 おじいさんと幼稚園ぐらいの男の子が、手をつないで店内を歩いていた。
時折やんちゃに騒ぐ男の子を、おじいさんは笑顔でたしなめるのだ。

 いやほのぼのな光景よ、と僕が陰ながらほっこり油断していると、
男の子は見つけてしまったのだな、『戦国BASARA』の一番クジを。
「せんごくバサラだー!」とおじいさんの手を振り切り近付いて、
嬉々として伊達正宗ポスターに目を輝かせている。

 こんな年端も行かぬ子が、激アグレッシブ解釈日本史のBASARAを知るとは、
素晴らしい世の中になったものだ。二人をさりげなく眺めながらそう思った。

 遅れておじいさんがのしのしと男の子に追いついた。やはり笑顔はたやさない。

 男の子は伊達正宗のフィギュアやら武将グッズに魅せられ過ぎたのか、
変なボルテージが上がって来たのだろう、一般的男子が仮面ライダーやら
ウルトラマンの必殺技を真似るように、伊達正宗の必殺技の真似事を始めたのだ。
流石のおじいさんも困惑している最中、ついに男の子は最骨頂を迎えたらしく、
たどたどしい口調で、しかし恐ろしく何か確信に満ちた表情で、

「れっつぱーてぃ!ひあうぃーごー!」

と言うと、興奮の赴くがままに店外へと走り去った。
慌てたおじいさんも小走りで追って行った。

一体なんのこったよ。

自動ドアからの通風が、伊達正宗がひらめかせていた。
2015/02/28(土) 05:43
≪狂竜化ブラキディオスを倒した≫≪狂竜化イビルジョーを倒した≫
≪極限状態セルレギオスを倒した≫≪クシャルダオラを倒した≫

村ストーリークリア!めでたい!(*´ω`*)

集会場も無事、ゴグマジオスを倒しまして一段落しました。
頼れる友人達には心より感謝しております。土下座と見せかけたでんぐり返りを決めても良い。
今後はより一層、怠惰に溺れた寄生虫の心意気でプレイして行く所存です。よろしくな!!

【MH4Gの感想】
 クソゲーではないが、続編として退屈すぎる。
舞台はG級となり、モンスター達はステータスが上昇して新たな技も覚えた。
一方でハンターの技は前作とほとんど変わっていない。ランクアップした装備で攻守の数値が上っただけだ。
それもモンスターの強化と比べると些細なもので、相対的にハンターは弱体化している。
MH4に飽きたプレイヤーは何を楽しめば良いのだろうか。やる事と言えば、MH4と同じか、それ以上に面倒な事
ばかり。特に極限状態と抗竜石のシステムは正気を疑う。これで喜ぶ奴の顔が見たい。

 いっそ、MH4の大型DLCを購入したに過ぎない、と捉えると楽になるのかもしれない。
しかし仮に、4Gからの新要素(G級、砂漠MAP、新モンスター、亜種、等々)を、
前作「MH4」のDLCとして個別に販売したとして、果たして6000円出せたものか。

 保身的で微々たる変更を施した調整版を、完全新作として発表するのは「スト4シリーズ」だけで勘弁してほしい。
パーティプレイが可能な環境に無ければ絶対に購入しなかった。

2014/11/21(金) 03:24
≪セルレギオスを倒した≫≪グラビモス亜種を倒した≫≪リオレウス亜種を倒した≫
≪ティガレックス亜種を倒した≫≪ジンオウガ亜種を倒した≫

ねんがんの 抗竜石を てにいれたぞ! 
残りの村クエはG級装備を手に入れてから一気にしよう。そうしよう。
次は「狂竜化ブラキディオスの狩猟」?やめろ!禿げ通り越してフッサフサになる!
2014/11/16(日) 17:59
今日は友人と二人で集会場を攻略した。村クエストは進行せず。
≪変な虫の亜種を倒した≫≪ケチャワチャ亜種を倒した≫≪ザボアザギル亜種を倒した≫
≪ガララアジャラ亜種を倒した≫≪セルレギオスを倒した≫≪あとなんか色々倒した≫

上記の亜種達はMH4Gでの追加要素。新モンスターは新鮮で良い。

◆寸寸感◆
 今日気付いたのだけれども、MH4Gからチャット機能が強化されていた。
各シチュエーション毎の項目にあらかじめ定型文を設定しておけば、然るべき時に自動で発言されるというもの。
設定の例を上げると、自分が罠を仕掛けたら「罠を仕掛けました!」 敵に捕縛されたら「ピンチです!」 等々、自分
の行動・状況を皆に自動で報告してくれる。以前プレイした「ファンタシースター」と同じシステムだ。

 この機能をどれだけ待ち望んだ事か!! 
MH4Gの追加要素の中で一番嬉しかった!この機能があれば、どれだけロールプレイの幅が広がるか!
定型文の設定が楽しいのなんの。今の僕は『アメリカに強い憎悪の念を抱く中国人兵士』という設定でプレイ中。
敵に倒されたら『共産主義バンザーイ!!』的な台詞を遺せるこの素敵さよ!こんなに楽しいモンハンは無い!

これで「砂漠ステージ追加」のクソ分を帳消しとしよう。

≪アルセルタス亜種≫
亜種になり、角が一本から二本になった。つまり、顔面への当てやすさが二倍。なんたる仕打ち。
この子が一体何をしたとうのか。あまりの弱さに、間違えてG級では無く上級クエを頼んだのではと疑ってしまった。
≪ケチャワチャ亜種≫
原種同様に、わちゃわちゃしてると勝手に討伐出来ちゃう。
強い敵でも無いけれどもなんだろう。熱々の美味しいシチューを頭蓋骨の中に流し込まれているような、そんな錯覚!
もしかして、これは恋かしら! ああいや、間違い無くクソであるからして。
≪ザボアザギル亜種≫
鮫の亜種。原種から一番強化されたのはこいつではなかろうか。
体を膨らましてからのローリング、麻痺付きのブレス、ハンターをハメ殺す要素がたくさん追加された。
原種はほぼサンドバッグだったので正直舐めていたが、こちらがサンドバッグにされて一落ちしてしまった。
≪ガララアジャラ亜種≫
元々楽しくないモンスターが、さらに楽しくなくなって新登場。原種と比べ何が強化されたのかサパーリ分からない。
不快指数オーバー400、爆殺対象です。【烈日】を起動します。
≪セルレギオス≫
コンドルの様な骨格の翼竜、MH4Gからの完全新モンスターである。
友人と別れた後、武器を変えながら何回かソロで挑んだところ、最後はスラッシュアックスで攻略出来た。
高火力の滑空の鉤爪攻撃さえどうにか出来れば、案外楽に倒せる。

記事のレイアウトを考え中。。。煩雑でごめんぬ(´・ω・`)
2014/11/13(木) 06:24

copyright ©まるもちう all rights reserved.

テンプレート作成:しるえっと どっと ほーりー/sil_n02-08_r100

プロフィール

ぜらもち

Author:ぜらもち
からあげが好き

ついったー

floatキャンセルエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。